ガールズアワード(代表:長谷勇希)を100倍楽しむブログ

ガールズアワードのアリーナ立ち見エリアで良い場所をとるためには?

2019年01月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガールズアワードのスタンディングエリアは「出入り自由」!ステージを間近に見られるスポットとして大人気

ガールズアワードは、ご存知トレンドに敏感な女子に大人気のイベント。
人気モデルやアーティストが着用しているリアルクローズを、インターネットでその場で購入することもできるとあって、お洒落大好きな女子が「ぜひ参戦したい!」と熱望する、大注目のイベントです。
ステージでは、人気アーティストのパフォーマンスや、タレントによるショーまで観ることもできます。
一度に、こんなにも魅力的な出演者が集まるイベントは、そうそうありません。
「せっかくなら、少しでも近くでパフォーマンスを見たい!」そう思っている方も多いのではないでしょうか。

ガルアワの立ち見エリアである「スタンディングエリア」は、出入り自由となっていることをご存知ですか?
つまり、持っているチケットが指定席でも、自由席でも入ることができるエリアということ。
指定席でも、自由席でも、早く入場すればよりステージに近いスタンディングエリアを確保することができると考えて問題ありません。
つまり、早い者勝ちと言えるのです。

ですが、オフィシャルサイトに掲載されている通り、自由エリアや女性限定VIPエリアの入場は、チケットに表示されている整理番号順での入場と決まっています。
早く並んだからといって、その順番で入場することはできません。
自由エリアに関しては、整理番号呼び出し時間が決まっているので、その時間までには入場待機場所に行くようにしましょう。
自分が呼ばれた時にその場にいない場合、列の最後尾に並ぶことになってしまう可能性があります。

女性限定VIPエリアは、ブロック別に整理番号中で入場することになっています。
指定席に関しては、チケット購入時に席は決まっていますが、スタンディングエリアの場所取りをしたいと考えている場合は、早めに入場して場所を確保するようにしましょう。

スタンディングエリアは、大変人気となりますから、定員制となっています。
満員になってしまった場合は、安全上の問題で入場が規制されてしまうこともあるということを理解しておきましょう。

会場の配置としては、メインステージからランウェイが伸びていて、その先にセンターステージが設定されていることが、これまでのガルアワでは多かったようです。
センターステージ周辺のエリアは、超人気となることが予想されるでしょう。
ライブならではの臨場感を楽しみたい方にはぜひ、ステージを間近に見てもらいたいもの。
多少並んだとしても、イベントを満喫したい!という方には、スタンディングエリアで良績を確保するために、少し早めに並んでおくことをお勧めします。

このページのトップへ