ガールズアワード(代表:長谷勇希)を100倍楽しむブログ

今人気の齋藤飛鳥がgirlsaward2018に出演!

2018年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、アイドル界の中で確固たる人気を誇るのが乃木坂46。
その乃木坂46の第1期生で最年少ながらも初期から支えていたのが、齋藤飛鳥さんです。
今では、乃木坂46の「エース」として、人気のメンバーの一人ですよね。
女性誌「sweet」のレギュラーモデルとしても、有名です。

2017年からは、乃木坂46のメンバーで初めて、ドキュメンタリー番組に密着取材されていました。
放送は、2018年の1月でしたが、それも齋藤飛鳥さんの注目度が高い証拠だと思います。
その番組の中で、月に3回は一人で焼き肉に行くなど、飾らない素の「斎藤飛鳥」を知ることができて、齋藤飛鳥さんを知らなかった方は好感を持ち、ファンはますます好きになった方も多かったとか。

その齋藤飛鳥さんが、girlsaward2018秋冬に出演されました。
girlsawardは、10代、20代の女性を中心に人気がある日本最大級のファッションイベントですが、乃木坂46のようなアイドルも出演するので、男性もファンも大勢駆け付けます。

斎藤飛鳥さんにも、男女問わず、会場から大きな歓声が浴びせられていました。
斎藤飛鳥さんがまず登場したのは、girlsawardの最多出演を誇るアーティストとして乃木坂46のステージ。
『インフルエンサー』、『ジコチューで行こう!』、『夏のFree&Easy』、『シンクロニシティ』など4曲を披露しました。
開場は、ものすごいボルテージに包まれ、トップアイドルとしての魅力を惜しみなく発揮!

そして、GRLというブランドのトップバッターモデルとしても登場。
斎藤飛鳥さんは、GRLのイメージガールも務めているそうです。
ランウェイの最先端までくると、右手をグーにして頭の横でその右手を回して、何と「にゃんこポーズ」!
そのキュートな姿に、思わず観客からは男女問わず「キャー」という歓声がもれました。

その後も、「movie ステージ」においては、主演の山田裕貴さんとともに制服姿で登場。
斎藤飛鳥さんは、映画「あの頃、君を追いかけた」で、主演の山田裕貴に10年間思い寄せられ続けるヒロインを演じられていました。

劇中でも行われていた、ボールペンで山田裕貴さんの背中をボールペンで押す行為をしたり、二人でにゃんにゃんポーズをしたりすると、会場は大盛り上がり。

でも、MCの一人ゆりやんレトリーバーとの突っ込みよって、齋藤飛鳥さんのボールペンのツンは、結構痛かったらしいです。

このように、girlsawardでもアイドルとしてもモデルとしても、大活躍している齋藤飛鳥さん。
girlsaward2019には、また出演されるのか、果たしてどんなステージを見せてくれるのか楽しみですね!
girlsawardの公式サイトをこまめにチェックしていると、だれが出演するかの最新情報が手に入ります。
楽しみに、発表を待ちましょう!

このページのトップへ